活動趣旨

お墓 100 年プロジェクトについて

日本の石文化を研究されていた小畠宏充氏を主軸として、2011年に発足した有志たちの会です。

「日本人は、なぜお墓参りをするのか?」

お墓参りって、あまりに普通すぎて、深く考えることはないと思いますが、日本人が昔から行ってきた大切な行為です。

そこには、死者に対する思いやりと、生者に対する思いやりがあり、お墓参りを通してお互いの幸せを思い合う場となっています。

またお墓には、尊厳性があり、宗教性があり、思想があり、そして美しさがあります。

お参りされ続ける美しいお墓を、100年先の未来にも残したい。

お墓参りというよい習慣を、未来の子供たちにも続けていってほしい。

そんな思いで、活動しています。

 

お墓参り写真コンテストについて

日本各地で行われているお墓参り。

そこには

子供の誕生を報告している姿
親戚が集合して笑顔でお参りしている姿
子供たちがお墓を掃除する姿
墓地でご先祖様と一緒にご飯を食べる姿
亡くなった方との記憶を思い出している姿

などなど、様々な姿があり、様々な思いを持って、死者と向かい合われております。

その姿や思いに、優劣はありませんが、

日本には、そうした光景がたくさんあることに気づいていただき

日本のお墓参り文化は、本当にいいものだということを、一人でも多くの方に感じてほしい。

そんな思いで、催行させていただいております。

 

お墓100年プロジェクト実行委員長

北條 保